即中斎 夏椿茶杓「閑雲」
大徳寺聚光院利休手植の沙羅の木を以て

 
 外箱は聚光院先住の随応戒仙和尚。
皮を上手に残し、 桐の蒔絵が繊細。

惺斎自作竹茶杓
「早苗」正玄下削

 
シミ竹の景色が美しい。

瑞巌老師茶杓
「和敬」

 

大徳寺第503世 第9代管長。
「和」の「ノ木偏」と「口」を逆さまに書いてある。

尋牛斎宗也宗匠
煤竹茶杓「山里」

口径cm × 高さcm
杓は貴重なスス竹。
銘も竹に相応しく姿も良い。
 
→詳細を観る
→楽天市場で購入
→Yahoo!ショッピングで購入